理学療法における学習|苦悩する人の心を救うセラピストになるには

苦悩する人の心を救うセラピストになるには

男性

理学療法における学習

男性

3年または4年の学習

理学療法とは、事故や病気、老化などで失われた体の機能を、様々な器具を使用しながら取り戻していくという治療です。そしてそのサポートをする専門家が、理学療法士です。理学療法では具体的には、温熱や水流など様々なものが使われますし、牽引やマッサージなどもおこなわれます。したがって理学療法士になるには、こういった器具や技術におけるあらゆる知識を身につけることが必要となります。そしてそのためには、理学療法士の養成をおこなっている大学または専門学校に通うことになります。そして必要とされている課程を修了したのち、国家試験に合格することで、理学療法士としての国家資格を得ることができるのです。大学の場合は4年間学ぶことになりますが、専門学校の場合は3年で修了することが可能です。つまり専門学校に通った方が、より早く国家試験を受験できるということです。

社会的な需要

高齢化が進んでいる現在では、足腰の機能、指先を細かく動かす力、嚥下力などが低下し、日常生活における介助が必要な人が増えています。加えて少子化も進んでいるため、介助をする人が不足している状態です。そのため、体の機能を取り戻し、自力で生活できるようにと導く理学療法の需要は、非常に高くなってきています。そして多くの医療機関や福祉施設で、理学療法士の募集がおこなわれているのです。だからこそ多くの人が、社会的な需要に応えるために、そして安定した職に就くために、理学療法士を目指して専門学校に通っています。専門学校の定員数も上昇傾向にあるため、そのことからも理学療法士を目指す人は、今後一層増えていくと考えられています。