苦悩する人の心を救うセラピストになるには

女性

医療のエキスパートになる

看護師

医療の現場においてかなり重要なポジションを担っている看護師になるためには国家試験を突破する必要があるわけですが、そのためには四年制大学にある看護科を卒業するか、看護学校を卒業するかのいずれかのルートがあります。

More...

心学ぶには

カウンセリング

心理学には主に認知系のものと臨床系のものという2種類があり、それぞれで学べる内容や活用方法が異なるため、資格取得を目指す場合は2つの区別に注意しましょう。他の分野との関わりが強い心理学は、大学の教養科目をうまく使って見識を深めることが大切です。

More...

理学療法における学習

男性

少子高齢化が進んでいることから、失われた体の機能を取り戻すための理学療法の需要は高まっています。そのため多くの人が、理学療法士になるために、大学や専門学校で専門的な知識や技術を学んでいます。大学の場合は4年間学習することが必要ですが、専門学校の場合は3年間の学習で国家試験を受けることが可能です。

More...

様々な種類を選べる

女性

民間資格が中心

セラピストになるには必ずしも資格が必要というわけではないのが、日本の現状です。多くのセラピストの資格が民間資格であるため、必ず持っていなければならない理由はないのです。しかしながら、セラピストになるには何らかの資格を持っていたほうがよいでしょう。その理由として、クライアントへの安心感や体型的な知識や技術を身に付けられることが挙げられます。セラピストになるにはその分野における豊富な知識や手技などが必要になるため、独学では限界があるのです。特に心理セラピストやアロマセラピストは専門性が高く、基礎からしっかりと学んでおくことが大切なものです。このため、セラピストになるには信頼のおける協会の資格講座などを受講して体系的に学ぶことが大切なのです。

常に向上心が必要

セラピストになるにはただ知識を身に付けただけでは、実際にクライアントの接しても満足な結果が得られない場合があります。知識を使いこなす技術や常に新しい情報にアンテナをはる向上心なども重要な要素です。誰でも資格がなくてもなれるのがセラピストですが、実際に仕事として行う場合には常に勉強や技術の向上などが必要になる職業なのです。また、個人で開業する場合には、集客や顧客の管理なども重要になってくるため、様々な知識が必要になるのです。セラピストになるための適正としては、人のために尽くせる人や人と接することが好きな人が挙げられます。何か悩みや体の不調などを抱えてくる人を癒すのがセラピストの仕事であるため、人の気持ちを考えることが出来る人が向いているといえるでしょう。